代表プロフィール

村尾 嘉彦(むらお よしひこ)

 兵庫県神戸市出身。京都大学理学部で生態学を学んだ後、自然体験のボランティアコーディネーターを経て、高島市新旭水鳥観察センター の館長を2006年~2011年までつとめる。六甲山や芦生をはじめ、関西各地の森林で、自然ガイドや森林保全活動を行いながら、ツリーイングの面白さに目覚めた。木の上でゆったりと過ごす「ツリーカフェ」 を行っている。ツリーイングを通して、「地球から 学び表現する心」を育てると共に、木も人もプラスになることを心がけている。TMCA設立後に近畿で新たに認定された最初のインストラクターの一人。愛称は「よっさん」。

8歳の頃   ハレー彗星接近 双眼鏡と望遠鏡で星を見る 道具が使えるようになる
9歳の頃   「生物クラブ」で山里を歩く 押し葉標本をたくさん作る
10歳の頃  野鳥に双眼鏡を向け、以後探鳥会に参加するなどして たくさんの野鳥に出会う
15歳の頃  高校で、再び星に目を向ける 彗星の木星衝突/百武彗星/ヘールボップ彗星
19歳の頃  大学で 自主ゼミ「芦生ゼミ」にて自然保護と地域振興について学ぶ
22歳の頃  滋賀県伊崎半島のカワウについて繁殖生態を学ぶ
23歳の頃  環境教育・エコツーリズムについてさまざまなワークショップに参加し学ぶ
2002年   NPO法人六甲山と市民のネットワークに勤務 自然を生かした地域振興/ボランティアコーディネートを学ぶ
2003年   京都府美山町芦生の森でガイドアルバイト他関西各地へ出かける
2004年   (財)大阪府みどり公社に勤務 大阪の真ん中 本町に通ってボランティアコーディネートを勤める
2005年   木登りに本格的に取り組む(神戸)/TMCA発足Tree+ingスタート
2006年   ツリーイングインストラクター認定
       /滋賀県高島市にて高島市新旭水鳥観察センターの運営を行う
2007年   ツリーカフェに高島市で本格的に取り組む
2009年   個人事業としてツリーカフェ開業
2011年   水鳥観察センタ館長を退職ー