学びと表現のためのデザイン研究所
いのちとつながる 木との時間 Tree Cafe ~Eco tour Office~

 
Tree Cafe 芦生の森    2006 / 6 / 11

私が芦生(あしう)の森に通い続けて10年目の夏。この森で新しいこと、新しい笑顔が生まれました。

芦生の森は、京都府の北西、福井と滋賀に接する山深いところにあります。清流由良川の源流域に広がるこの森は、近畿地方では珍しく、標高の低い渓流沿いに豊かな生態系が息づいています。トチやカツラの大木を抱えた渓畔林には、長い時間をかけて安定してきた森にしか暮らせない植物や昆虫たちがいて、鳥や獣も変わらない暮らしを続けてきました。

この森はまた、人の暮らしが守り育ててきた森でもあります。京の都をひかえて建築材として、そして木地師(きじし)が作る木工品の材料として、木そのものを切り使いながらも、そのこと自体が今の森をかたちづくり、受け継いできたのです。

さて、この森を舞台に様々な自然体験と人の暮らしの体験を提供するなどして活動しているNPO法人芦生自然学校とお話をしながら、子どもゆめ基金の支援を得てツリーイング体験をプログラムに入れて頂き実施することが出来ました。

何度も通い慣れた芦生の森ですが、いざツリーイングを楽しんでもらおうとすると急峻な地形からなかなか適地が定まりませんでした。ようやく決めたものの、そのフィールドは川を渡り、小さな峠を越えたところにあります。大量の道具を運ぶ大変さの引き換えに、そこは美しい渓流沿いで、高い樹冠に覆われた森。ツリーイングの醍醐味を本当に満喫できるところになりました。

ツリーイングするトチノキは2本あります。1本はあたりでもとりわけ目を引く立派なトチノキで、途中で2本に分かれつつも枝を高く伸ばし、傘のように大きく広がっています。地衣類に覆われコケ(蘚類)でふかふかの枝にはフジやツルアジサイの蔓がからみ、樹上の生態系を堪能できそうです。もう一本のトチノキも真っ直ぐに伸び、枝は少ないもののやはり十分に高く、広い空間を一望出来ます。時間の少ない中、ロープをかけて安全に整備するにはなかなか難儀しましたが、そこは近畿一経験豊かなアキさんと、3日に1回はツリーイングして樹上で1日を過ごしていた私よっさんがなんとか17本のロープをかけることが出来ました。

そしていよいよ芦生自然学校のスタッフに連れられて、川を越え峠を越えて15名の参加者が到着。お疲れ様!でも最高の体験が待ってるよ!はるか樹上から呼びかけるツリーイングのスタッフに驚いて心躍らせたことでしょう。

丁寧にツリーイングの道具を身につけ、みんな一緒になって準備体操をします。ゆったりと木々を見つめ森に馴染んで、心も体も準備が整ってからクライミング開始です。最初はなかなかコツがつかめない人も多いけど、さすがに器用な子どもたちも多いようです。隣の子どもと一緒に登る子、ぐんぐん登ってしまう子。セイフティノットは忘れてないかな?大きなトチの葉は触れるかな?幹に抱きついたりゆったり周りを眺めたり。思い思いに樹上の宇宙を楽しみます。

芦生自然学校のスタッフが作ってくれたおいしいお昼ご飯を頂き、そのスタッフから森と生き物のお話を聞いた後にツリーイング再開です。他のロープ、他の木に登ると全く見えるものが違います。ほんの隣のロープなのに違う枝や幹の反対側が見えて新しい発見が出来ます。葉っぱに虫食いの跡を見つけてましたね。

低木の少ない開けた林内は、ぶらさがってブランコするのに最適!ついついはしゃぎすぎてしまいます。少しくらいは大丈夫。でもあんまり遊びすぎると他の子にぶつかっちゃったり幹を痛めたりするのでお仕舞い。今度はしゃべるのも止めて静かにしてみました。遠くからヒガラやキツツキの声が聞こえてきます。もくもくと登る子。ゆったり休憩する子。地上にいる人は地面に寝転がってみました。高い木々を見上げて静寂に包まれると、あんまり気持ちよくて眠ってしまいそうになります。

残り時間も少なくなり、樹上のハンモックは大人気です。地上に張ったハンモックでものんびりしています。ツリーイングスタッフが手伝ってゆっくり降り、樹上の宇宙の見納めです。

最後にみんな集まってシェアリングタイム。言葉には出来ないことがいっぱいだったけどわくわく出来る面白い時間だったみたいでうれしいです。これから木を見たら思い出せるんじゃないかな。帰りの峠道を気をつけて帰ってね。

そしてたくさんのロープや道具を撤収です。頼りになる芦生自然学校のスタッフに手伝ってもらって素早く運ぶことが出来ました。ツリーイングスタッフも登り納め。いっぱいいろんなものを感じながら木から降りました。

何から何まで芦生自然学校の皆様、地元の皆様にお世話になりました。素晴らしい木々と森との新たな出会いが出来て、本当にありがとうございました。

そして2007年もこの森でツリーイング体験を計画して頂いています。昨年の皆様はじめ新しい木々との出会いをされたい皆様と一緒に登れることを楽しみにしています。
 
---------------------- ----------------------------------------------------
2007/6/10の様子はTMCAのWeb [木登り写真館]へどうぞ
2008/6/1「ツリーイング体験とフィールドアスレチック」の様子はブログにて
2009/5/24「ツリーイング体験とフィールドアスレチック」の様子はブログにて
 2009年から新たにフィールドを変えてイヌシデ1本に1回15名登りました。